目の下のしわに有効なレチノールってなに??

ヒトの血液中のビタミンAはほぼレチノールで、レチノールはビタミンAのことを言います。このレチノールは細胞膜の損傷を修復する働きがあるので、目の下のちりめんジワなどにとても効果があるのです。
色はオレンジ色でにんじんジュースのような色をしており、レチノインという名の使われ方もあります。
シミやニキビの治療に皮膚科でも使われているほど、効果が大きい成分なのです。
化粧品に配合されているのは微々たる量なので診察は必要ないのですが、皮膚科などで処方されるものは高濃度ですので、必ず意思の診察が必要になります。
こんな劇的効果があるレチノールなのですが、副作用の報告があるのです。
正常なお肌のターンオーバーの周期を崩したり、光毒性があるのでレチノールを塗布後はしっかり日光を遮断する日焼け止めを塗る必要があったりします。
妊婦さんには絶対NGな成分なのがまさにビタミンAです。奇形症などの原因になりますので、なるべく避けたほうが良いでしょう。しかも塗布でなく、摂取の意味ですが。ただ、効果はやはりしっかりあるのは確かなようです。レチノールは食物からの摂取も期待できる成分で、うなぎやレバーに多く含まれています。塗る方が早いとは思いますが、やはり劇的な効果の裏には少なからず副作用が潜んでいるものですね。

レチノールよりもアルジルリンを含むb.glenがオススメ

アルジルリンという成分が最近世の女性に人気沸騰中なのをご存知ですか??「塗るボトックス」と言われているアンチエイジング界の貴公子なんです☆アルジレリンとも言われたりします。
ボトックスと同様に神経伝達の経路に働きかけ、表情筋の緊張をほぐし、表情じわを改善する効果
がある成分です。
ボトックスは副作用などの問題点があり、
一般人が使用することが出来ないアンチエイジング成分。
確かに素晴らしい効果を発揮するかわりに、顔面が麻痺してしまったような
状態を起こしたり、打ち方が下手だとあからさまにわかってしまったり、
とても難しい成分として有名です。
こういう事を踏まえて美容先進国であるスペインはボトックスを禁止にして、
安全で効果の高い「アルジルリン」という6個のアミノ酸が結合したペプチドー3というものをつくり上げました。
シワにとことん有効的と化粧品にこぞって配合されるようになり、広く世間に知られる存在となったわけです。
アルジルリン配合スキンケア、アンチエイジングスキンケアとして人気・実力とも兼ね備えているのが
「b.glen」
というスキンケアブランド。
いち早くアルジルリンに注目し、独自の浸透テクノロジー(Qu-Some)を持ち、
美容成分を壊すことなく肌の奥まで届けることが可能で、アンチエイジング美容業界ではかなり名を馳せている存在です。
まだレチノールに頼りきったままの方!そろそろアルジルリンを使用する時です!
副作用などの報告もなく、安心して使用できる成分ですので、シワに悩まされ続けている方に是非お試ししていただきたい。
今までのアンチエイジングは何だったの?!という肌の奥から感じることが出来る
ふっくらとしたハリ感。レチノールとはまた違った感触で、アンチエイジングを極めることが出来るのは「b.glen」のアルジルリン&浸透テクノロジーパワー!アルジルリンでのスキンケア、今すぐお試しください☆


«
»



All Rights Reserved by 目の下のしわ化粧品