目の下のたるみは20代から対策しておくべき?

年を取るにつれて、男性でも女性でもお肌のたるみが気になる事でしょう。女性はとくに自分の顔が老けていく事には敏感で、避けたいものです。本当ならば、ずっと若々しくいたい!と誰もが思う事でしょうが、そう言うわけにはいかないのが現実です。20代前半の頃はお顔にハリがあり、若々しく明るい印象を保てますが、20代後半~30代になるにつれてお顔のあらゆる箇所のたるみが出始めてきます。とくに目の下のたるみは、早くから現れ始めますがすぐに対処しない人がほとんどです。お顔のたるみは、自分では気付きにくい為、ふと気がついた時にケアをしても遅いのです。そんな目の下のたるみは現れる前の、20代から対策しておくべきでしょうか?そしてその対策はどのようなものがあるのでしょうか?
*対策は早めにしておくこと*
目の下のたるみは、年を取るにつれて老化した印象に見えてしまう原因とも言われています。ですから、なるべくたるみが出ない為にも、早くから対策をしておく事がいつになっても若々しくいられるポイントとなりそうです。目の下のたるみというのは、下まぶたの脂肪を支えていた筋膜(筋肉)が緩んで、脂肪が支えきれずに下がって来てしまう事を言います。その後それが悪化すると「目袋」の原因にもなってしまいます。そして、脂肪の現象により目の下にくぼみが出来て、老け顔を作ると言うものです。

20代の目の下のたるみ対策

*対策としてやっておくべき事は?*
1、紫外線を大量に(長時間)浴びない事。
たるみの最大の原因は「紫外線」と言われています。紫外線は長時間浴びるとお肌(皮膚)に悪影響を起こし、たるみの原因の他にシミやシワ、皮膚ガンなどの原因も作ってしまいます。皮膚のDNAを破壊し、細胞の老化スピードを加速させます。ですから、外出時は必ず日焼け止めを塗ったり帽子をかぶったりするなどと日焼け対策をする事が大切です。
2、お肌の乾燥を避ける事。
お肌が乾燥すると、皮膚の新陳代謝が悪化して古くなった角質が落ちにくくなります。コラーゲンを作る細胞も減り、皮膚に弾力性とみずみずしさが無くなります。ですから一年を通して保湿をしましょう。夏は、汗によって体内から水分が減る上、冷房でのお肌の乾燥には十分気をつけましょう。
3、無理なダイエットをしない事。
無理なダイエットをして急激に体重が落ちると、皮下脂肪が減ります。その時に、余った皮膚は、たるみになります。お顔などの薄い皮膚の部位はすぐにたるみに変化します。逆に、急激な体重の増加にも注意です。皮膚の伸び縮みというのは全てたるみの原因となります。いつでも健康管理をしっかりし、ベストな体重でいる事もたるみを作らないポイントとなります。


«
»



All Rights Reserved by 目の下のしわ化粧品