目の下のシワの原因一覧リスト

年を重ねるごとに増える目の下のシワ。
特に顔にくっきりと刻まれてしまった目の下のシワは年齢以上に老けた印象になってしまいます。
なるべくハリのあるお肌を保ちたいですよね。
では、この目の下のシワはどういった原因で出来てしまうのか考えてみましょう。
根本的な原因は加齢により真皮層にあるコラーゲンやエラスチン(弾力線維)の減少することなどで肌の弾力が失われることによります。
では、外的な原因はどういったものがあるのでしょうか。
○紫外線
やはり目の下のシワの原因といえば真っ先に浮かぶのが紫外線。
顔の目の下のシワの原因の実に8割が紫外線の影響ではないかといわれるほどです。
紫外線はお肌のハリを保つために不可欠なコラーゲンを切断して皮膚の正常な網目構造が失われて弾力が失われ、目の下のシワやたるみとなってしまうのです。
数分の紫外線でも皮膚のコラーゲンには影響があり、いったん破壊されると自力で復元することはないため目の下のシワとなって残ってしまいます。
○乾燥
次に挙げられるのがお肌の乾燥です。
肌が乾燥すると角質層の表面が乾いてできた部分から表皮の水分が蒸発しやすくなり、肌はさらに乾燥して硬くなって弾力が失われ、小ジワの原因にもなります。
目元などにできやすいカラスの足跡と呼ばれるものなどがその典型です。
○表情筋の衰え
顔にはたくさんの表情筋と呼ばれる筋肉があります。
この筋肉が衰えてくると顔全体が下がってたるみとなり、それと同時に皮膚も下がってくるのでその部分が目の下のシワとなって現れます。
顔の筋肉に戻る力があれば目の下のシワができても元に戻りますが、筋肉が衰えてしまうと戻りにくくなり、だんだんと深い目の下のシワになっていきます。
○活性酸素
喫煙やストレスなどによる活性酸素が発生は、肌を酸化させて真皮層のコラーゲンに影響を与え、弾力がなくなります。
○女性ホルモンの減少
女性ホルモンはお肌の弾力を支える真皮層コラーゲン、エラスチン、角質層のヒアルロン酸の生成にかかわっているため、女性ホルモンの減少とともに弾力が失われます。
○顔の筋肉の緊張
目元や口元などよく動かす部分には目の下のシワができやすくなります。
顔をしかめたり笑ったりなどの表情は次第に眉間や目尻に表情ジワとなって残っていきます。
眉間に深い目の下のシワが刻まれる、といったこともよくあります。
せめて笑いジワでとどめておきたいところです。
このほか、睡眠不足や食生活の乱れ、寝癖、間違ったスキンケアや無理なダイエットが原因として挙げられます。
このように様々な原因で起こる目の下のシワですが、できる限りのケアで健康で自然な表情でいたいものですね。


«
»



All Rights Reserved by 目の下のしわ化粧品