目年齢テストとは?

「目年齢テスト」とはなんでしょうか?それはそのままの意味なのですが、目の年齢をはかるテストの事です。そのテスト方法はとても簡単です。自宅でも今でもどこでもチェック出来ます。それではその目年齢テストの方法と、目の老化について少し説明します。

*新聞の文字で目年齢をチェック*
まず用意する物は:新聞紙と目(コンタクトや眼鏡を使う方は着けたまま)です。
方法は:手をまっすぐ前に伸ばした状態で新聞紙を持ちます。そして、ゆっくりと自分の方に引いていきます。(目に近付けていきます。)目の前に到着したら、またユックリと離していきます。その時に、文字が少しでもボヤけて見えなくなってきた所で手を止めて下さい。その目と新聞紙との距離を測ります。
その距離が目年齢を表しています。
10センチ=約20歳、15センチ=約30歳、20センチ=約40歳、30センチ=約45歳、40センチ=約50歳、50センチ以上=60歳以上。と測定します。ご自分の実年齢よりも目が年を取っていませんか?
目が悪くなっているという事は結構気付きにくく、意識してケアをしていないと知らぬ間に悪化しているという事が多いのです。
日頃から目の調子に意識を向け、目が悪くならないように心がけましょう。既に目が悪くなってしまっている人は、食事を変えたり生活面を見直したりしてそれ以上悪化しないように注意しましょう。

*老眼とは?*
老眼とは、年を取るにつれて目の調節力(距離)が落ち、近くが良く見えなくなる事です。本来人間の目は、距離の自動調節機能がついており、近い物を見る時は目のレンズ(水晶体)が厚くなり網膜に焦点が合うようになっています。しかし、年を取るにつれて水晶体が老化し硬くなってしまい、厚みの調節が出来なくなっていくため、結果的に近くの物が見えなくなっていくのです。これを「老眼」と言います。目年齢テストで、40センチ以内であればまだ老眼はありません。40センチを超してしまうと、老眼かもしれませんので、注意が必要です。もし心配ならば、眼科に行った方が良いでしょう。早めの処置が老眼を悪化させない為の方法です。

*老眼を早めてしまう原因とは?*
身体が老化するのは、活性酸素によりさびてしまうからなのです。水晶体も同じで、いくら目だけをケアしていても身の身体が老化するような生活をしているのでは目のケアは意味がありません。
そんな老眼と老化を早めてしまう原因は、不規則な生活、食事などです。喫煙、暴飲暴食、運動不足、日光浴をし過ぎて紫外線を浴びる事などが挙げられています。
老眼を疑った時はまず、ご自分がどんな生活をしているかを再確認し、悪い事は改善していく必要があります。
老化、老眼を遅らせる方法としては、このような不規則な生活を改善する他に、活性酸素を身体から取り除いてくれるような「抗酸化物質」を取る事が良いです。
その食材は、ブルーベリー、シャケ、いくら、赤身、かに、エビなどの魚介類は多く入っています。


«
»



All Rights Reserved by 目の下のしわ化粧品