目元のサーマクールとはどんな施術?

目元にたるみが出来てしまうとメイクをしても目元がスッキリまとまらず、老けたような印象を与えしまいます。
目元のたるみは多くの女性にとって、深刻な悩みとして存在するものです。
目の下のたるみは、年齢に伴って眼の周りを支える組織がゆるんでくることによって発生してくると言われています。たるみが出来、陰影もつきやすくなることによってクマも目立ってしまいます。
目の上のたるみは、皮膚が薄い部分であるためお肌の弾力が失われやすく、まばたきなどで動く回数も多いため、年齢を重ねるごとに変化が現れやすい部分になっています。
このように加齢に伴って目元のたるみは現れやすくなってくるのですが、目元は人の印象を左右しかねないパーツであるため、いつまでも美しさをキープしていたい部分です。
最近では医療機器の技術が進歩したこともあり、切らずに目元のたるみを改善できる治療が登場しました。それが「サーマクール」です。
サーマクールとは、高周波RFを用いてお肌のたるみや引き締めなどを治療する医療機器のことです。2002年にアメリカの会社によって開発され、日本へは同年12月に初めて導入されました。サーマクールが導入される前のたるみ治療はメスを使った手術が主流でしたが、サーマクールの登場によって画期的な治療法が到来したと言えます。
目元のたるみに対しては2006年、日本に初めて導入されたサーマクールで、それまで治療困難とされていた上下のまぶたに対する治療が可能となりました。
今現在、医療機関で使用されている最新機種のサーマクールは治療効果が大幅にアップしたもので、痛みが少ないのが特徴的です。最小限の痛みで、最大限の効果が期待できます。
サーマクールで使う高周波RFのラジオ波は赤外線やレーザーでは届かない皮膚の奥まで届く特徴があり、皮下組織の繊維組織やコラーゲンに熱を加えながら収縮をさせていきます。これが引き締めの秘訣です。
施術の流れとしては、メイクをクレンジングで落とし治療部位に細かなマス目を転写していきます。照射を正しく行うためです。サーマクールを照射する際は、医師が出力を調整しながら行っていきます。施術時間は約30~60分ほどで、施術後のメイクも可能です。入院の必要などはありません。
サーマクールの施術を行うには専用のチップが必要になってくるため、料金の安さだけで施術を選んでしまうと安全・安心は不確かなものと言えます。また施術を受けられない方もいるので、事前の確認や相談は必須です。


«
»



All Rights Reserved by 目の下のしわ化粧品